• main5

    平成29年度PROGRAM 2、PROGRAM 3

  • main4

    平成29年度PROGRAM 2、PROGRAM 3

  1. 1
  2. 2
  3. 3
  4. 4
  5. 5

新着情報


2018年2月14日
NEW! 平成29年度 情報・ノウハウのサポート成果(サイエンスアゴラ2017)を掲載しました。

2018年2月10日
NEW! 釧路市立博物館 巡回展「冷たい海の大冒険!!!~関勝則が写す北の海の生きもの~」東京での開催について(平成29年度プログラム1「海の企画展サポート」対象事業)

2018年2月10日
NEW! 平成30年度「海の学び特別サポートプログラム(テーマ:学校との連携活動)」公募のお知らせを掲載しました

2018年2月10日
NEW! 平成30年度 プログラム3「海の学び調査・研究サポート」公募のお知らせを掲載しました

2018年2月10日
NEW! 平成30年度 プログラム2「海の博物館活動サポート」公募のお知らせを掲載しました

2018年1月11日
平成29年度 情報・ノウハウのみのサポート成果(日本郵船歴史博物館)を掲載しました。

2018年1月11日
平成29年度 情報・ノウハウのみのサポート成果(青森県)を掲載しました。

2017年11月14日
「サイエンスアゴラ2017」への出展のお知らせ(11月24日~11月26日開催)

2017年11月7日
平成29年度プログラム3「海の学び調査・研究サポート」に新規採択情報(1件)を掲載しました

2017年11月7日
平成29年度プログラム2「海の博物館活動サポート」に新規採択情報(1件)を掲載しました



あなたの館ならではの活動に、資金を。情報を。ノウハウを。

海に囲まれた日本だから、海の大切さを学ぶ体験を日本中へ。
博物館、美術館、水族館をはじめ、
あらゆるミュージアムの活動を支援し、学びの場を広げていく。
それが「海の学び ミュージアムサポート」です。
あなたの館ならではの、
海の展示・事業・イベントなどをあらゆる角度からサポートします。
ミュージアムの数だけ、「海の学び」がある。
さあ、あなたの館でも、新しい活動を。

■「海の学び」とは

本事業における海の学びとは、
海洋教育」=「海に親しみ、海を知り、海を守り、海を利用する学習を推進する教育」の一環となる活動です。
社会教育の観点はもちろん、学校教育をも含め、「海洋」に関する生涯学習の場を広げることを目指しています。
「海を守る」ことの大切さを学ぶことで、毎日の中で海を意識して行動できる人を数多く育成し、次世代に豊かな海を引き継いでいきます。

船の科学館 海の学びミュージアムサポート