サポート内容

海に囲まれた日本だから、海の大切さを学ぶ体験を日本中へ。
博物館、美術館、水族館をはじめ、あらゆるミュージアムの活動を支援し、学びの場を広げていく。
それが「海の学び ミュージアムサポート」です。
あなたの館ならではの、海の展示・事業・イベントなどをあらゆる角度からサポートします。

海の学び特別サポートプログラム

毎年指定のテーマを対象に「海の学び」を生む企画展以外の博物館活動の実践やプログラム開発等を幅広くサポート。必要に応じ、情報・ノウハウ面の支援も行います。

●2022年度

オンライン学習プログラムの開発

申請方法

STEP1
申請の準備

申請に必要な関係書類・
書式のダウンロード

STEP2
事前連絡

正式なご申請の前に事務局へ
の事前連絡をお願いします

STEP3
申請書の記入

機関・団体名、代表者名、
公印を押印

STEP4
申請書の郵送

申請受付期間は各プログラム
によって異なります。

  • 2022年度
  • 2021年度

2022年度 募集要項

●受付期間

2022年3月1日(火)~2023年2月28日(火)

●支援金額

上限300万円/支援率上限100%

●公募資料ダウンロード

過去のサポート

様似郷土館 | 北海道
平成30年8月20日~平成31年3月31日
「郷土学~様似の海を知る~」におけるプロトタイプトランクキットの新規開発と運営
海の学び特別サポートプログラム
きしわだ自然資料館 | 近畿
平成30年6月1日~平成31年3月31日
学校で学ぶ大阪湾 ~学校向け貸し出し教材の開発およびその実践~
海の学び特別サポートプログラム
群馬県立自然史博物館 | 関東
平成30年6月5日~平成31年1月25日
「海を体感し学ぶ」体感型アウトリーチ教材の開発・製作・運用
海の学び特別サポートプログラム
ご応募の際は、事務局まで
必ず事前にご連絡ください

船の科学館
「海の学び ミュージアムサポート」事務局

03-5500-1113
FAX : 03-5500-1190

※支援に関する相談や申請の受付は、全て当財団の職員が直接対応しておりますので、第三者が仲介することは一切ありません。特に「関係者」を名乗る者については、ご注意ください。

ページトップ